top of page
  • 執筆者の写真八頭塗装スタッフ

よくある外壁塗装後のトラブル









外壁塗装のトラブルで多い物が、『仕上がりに納得いかない、塗装箇所以外への塗料の付着、工事中のご近所トラブル』です。




1.仕上がりに納得いかない



塗料のカタログや色見本で確認した色と、実際の外壁に塗装した色が違って見えるのは、淡い色は広い面に塗るほど明るく見え、濃い色は広い面に塗るほどより濃く見えるため、違う色に見えてしまうからです。



<最初の色を決める際に、慎重に塗料を選ぶ>



たったこれだけで「イメージと違った」なんてことが起きなくなります。外壁塗装での色のトラブルは本当によくある事例です。また、必要があれば中塗りでの確認作業も行ってみてください。


もちろん、すべての業者が中塗りの確認をさせてくれるわけではありませんので事前にチェックしておく必要があります。

工事前にしっかりと打ち合わせしておきましょう。



2.塗装箇所以外への付着



塗装工事において必要箇所以外への付着はよくある事です。しかし、仕上がり前にしっかりとした検査と確認をすることで最終的に防げることです。

もし発見した場合は、施工業者にしっかりと伝えると対応してくれます。




3.工事中のご近所トラブル



外壁塗装工事は、騒音や匂いなどが発生します。業者さんによっては工事前にしっかりと挨拶回りをしてくれるところもありますが、不親切な業者もあるので注意と確認が必要です。



どんなに素晴らしい塗装工事になったとしても、ご近所さんとのトラブルのせいでそこに住み辛くなってしまっては意味がありません。



ご近所トラブルは大半が事前に予防できる事が主なので、工事開始前にしっかりと確認と打ち合わせをしておく事が大切です。














閲覧数:23回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page